« 読者への返事 | トップページ | 「やる」と「あげる」 »

2009年2月27日 (金)

読者への返事 つづき

また、くだけた表現では「しちゃえ」となります。
「しまう」に不本意というニュアンスがあるので
「しちゃえ」が後ろにつくときは
結果的に自分(や相手、世の中)にとって
あまりよい結果になるとは限らない場合が多いようです。
つまり
(太るかもしれないけど)食べちゃえ
(明日までの仕事があるけど)遊びにいっちゃえ
(振られるかもしれないけど)告白しちゃえ
などなど。
「しまう」は「仕舞う(かたづける)」とか「終う(おわり)」が元の意味と考えられます。
だから、完了とか、やってしまって元通りにならない→不本意
というようなつかわれ方をするのでしょう。

 ただし「これは、同じ日本語を母国語とする人でも感じ方は違うと思うので。私の意見は、あくまでも多くの中のひとつのものだとお考えください」とつけ足しておいた。
 それにしても。母国語でもないのに、なぜそんなに日本語に堪能なの?

(C) Nihonbungeisha All Rights Reserved 無断転載禁止
http://www.nihonbungeisha.co.jp/

|

« 読者への返事 | トップページ | 「やる」と「あげる」 »

コメント

趣味のためでしょう。
小さい頃、日本のテレビゲームの文章を理解するために,日本語を学んできました。
日本語と中国語との接点がいっぱいあるため,勉強すればするほど発見があります。実に楽しい。
その文化の繋がりに魅了されています。

改めてここで礼を言います。
これからもよろしくお願いします。

投稿: | 2009年3月 4日 (水) 14時06分

王さん。
コメントまでつけてくださって、ありがとうございます。
中学時代に、洋楽好きな友人たちが英語を熱心に学んでいたのと同じ、ということでしょうか。
英語はまったく違う言語ですが、私たちには漢字という共通点がありますものね。
漢字についてもまだまだ未熟な私ですが、こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: | 2009年3月 6日 (金) 12時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148030/44192341

この記事へのトラックバック一覧です: 読者への返事 つづき:

« 読者への返事 | トップページ | 「やる」と「あげる」 »