2010年6月22日 (火)

横道まわりみち(第303回):のんびり鶴見線~(07)~

◎東京時間旅行『荷風!』Vol,24(定価880円税込)好評発売中!
★特集:東京の公園“今昔”探訪!
 川本三郎「東京公園の歩き方」 飛鳥山“今昔”東京公園の原点を探す ほか
------------------------------------------------------------------
◆電子書籍版【荷風! Vol,24】(定価700円税込)も好評発売中!◆
iTunes Store→App Store→電子書籍→荷風!Vol,24
※iPad&iPhone対応
------------------------------------------------------------------

横道まわりみち(第303回 最終回):のんびり鶴見線~(07)~

20100622hm

14:03 沖縄の次はブラジル。
商店街を歩いていると、今度はブラジル料理店や物産店があり、日系人らしき女性たちの姿もある。
14:07 多文化鶴見。
大正から昭和初期にかけて、沖縄から鶴見に出稼ぎ労働者が集まるようになった。これは鶴見線(当時の鶴見臨港鉄道)ができたころ=京浜工業地帯ができたころでもあり、第一次世界大戦による軍需景気が関東大震災や世界大恐慌によって不況に見舞われた時期とも重なる。この不況を沖縄では「ソテツ地獄」(米や芋を口にすることができず、毒性のあるソテツを食べるしかなかった)と呼び、この時期に多くの人たちが本土へと出稼ぎに、そして海外へと移民していった。
その縁か、沖縄県人の多い鶴見には、南米(主にブラジル)から出稼ぎに来る日系3世や4世がだんだんと、集まるようになったらしい。
14:36 ちゃんぷるー。
沖縄ラテン料理店のメニューには、ブラジル料理あり、沖縄そばあり、泡盛あり。きっと、今の鶴見を象徴しているのだろう。
15:12 清水湯でひとっ風呂。
立派な面構えの銭湯で、浴室のペンキ絵はなぜかヴェネツィアの風景のような。
16:07 陽射しも少し弱まるころ。
京浜急行の鶴見市場駅へ向かう。途中、大きく蛇行する鶴見川沿いを歩いていると、小学校3年生くらいの男の子が草むらで何かを探しながら、叫んでる。
「○○はいないよ、トカゲならいるけど」
その○○はといえば、ヤモリを探しているとのこと。そういえば、沖縄ではよく、家の塀にヤモリがへばりついて夕方から鳴いていたね。
16:45 駅員さんは忙しい。
鶴見市場駅では、駅員室とキヨスクが隣接していて、お菓子や飲み物の販売も、駅員がこなす。
16:51 鶴見市場駅発品川行き。
ボックス席を陣取り、すやすやと。

(写真・文/堀径世)

※300回を超えたこの連載も今回をもちまして終了致します。
長い間、ご愛読いただきありがとうございました。

------------------------------------------------------------------
◆電子書籍版【荷風! Vol,24】(定価700円税込)も好評発売中!◆
iTunes Store→App Store→電子書籍→荷風!Vol,24
※iPad&iPhone対応
------------------------------------------------------------------
本ブログの著者・堀径世さんが初エッセイを出版しました!
『女湯に浮かんでみれば。』
(堀ミチヨ・著/新宿書房刊・定価1785円/税込)
東京、女、風呂ナシ。だからこそ見えてくる、銭湯・女湯の世界。いま、こんなに濃密な空間がほかにあるだろうか? 「元気に生きていく」コツがわかる、女湯散歩紀行。 (新宿書房HPより)

新宿書房HP
http://www.shinjuku-shobo.co.jp/2003Top2.html
------------------------------------------------------------------
(C) Nihonbungeisha All Rights Reserved  無断転載禁止
http://www.nihonbungeisha.co.jp/

※当サイトに掲載されているイラスト・記事・写真の無断複写、転載、複製、上映等を禁止じます。
------------------------------------------------------------------
◎B級グルメ探求漫画誌『食漫』Vol,14(定価380円) 好評発売中!!
特集・連載コミックも充実グルメ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

横道まわりみち(第302回):のんびり鶴見線~(06)~

◎東京時間旅行『荷風!』Vol,24(定価880円税込)好評発売中!
★特集:東京の公園“今昔”探訪!
 川本三郎「東京公園の歩き方」 飛鳥山“今昔”東京公園の原点を探す ほか
------------------------------------------------------------------
◆電子書籍版【荷風! Vol,24】(定価700円税込)も好評発売中!◆
iTunes Store→App Store→電子書籍→荷風!Vol,24
※iPad&iPhone対応
------------------------------------------------------------------

横道まわりみち(第302回):のんびり鶴見線~(06)~

20100617hm

12:50 そろそろおなかも空いたし。
沖縄料理店の点在する仲通り商店街付近をぶらぶらして、開いている店を1軒だけ見つけた。そこしかないからか、それとも評判がいいのか、外で待つ人もいる。
13:03 ふーちゃんぷるー定食を注文。
狭い店内はいっぱいで、入って正面のテーブルには20代の若者ふたりが顔を赤くして、すでに8缶目のオリオンビールを空けている。
13:06 この飲みっぷりは。
相席のカップル(男性は「やまとんちゅ」で、女性は「うちなーんちゅ」と思われる)も、女性がこの店の常連のようで、ビールとつまみを手際よくどんどん注文する。
「ここはいつも混んでるんですか」
聞いてみたら、大きくうなずいていた。
13:26 味は濃い目だが、おいしい!
オリオンビールの若者たちはすでに11缶目のビールを飲み干そうとしている。
「つまみもおいしいさぁー。これなら俺たち朝までいれるさぁー」
相席の男性も、次々と出てくる家庭料理に箸が進み、彼女へのリップサービスか(本心か)、
「これなら俺も沖縄住めるな」
「炎天下で食べるとこれまたおいしいさぁー」
なんて甘い会話が交わされている。
13:41 ゆるーい。
仲町通り商店街が「リトル沖縄」の中心ということになっているらしいが、それらしき料理店が数軒に、スナック、それからパチンコ屋が2軒ある以外に、特筆すべきことはなく。しいていえば、あまり計画性なく町ができたことが伺える。
13:50 やっぱり。
酒屋の前では老いも若きも10人近くの男性が、それぞれ丸イスや何かに座り、車座になっている。手にはもちろんそれぞれ缶ビール。だって本当、晴れて暑いものね。

(写真・文/堀径世)
------------------------------------------------------------------
◆電子書籍版【荷風! Vol,24】(定価700円税込)も好評発売中!◆
iTunes Store→App Store→電子書籍→荷風!Vol,24
※iPad&iPhone対応
------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------
本ブログの著者・堀径世さんが初エッセイを出版しました!
『女湯に浮かんでみれば。』
(堀ミチヨ・著/新宿書房刊・定価1785円/税込)
東京、女、風呂ナシ。だからこそ見えてくる、銭湯・女湯の世界。いま、こんなに濃密な空間がほかにあるだろうか? 「元気に生きていく」コツがわかる、女湯散歩紀行。 (新宿書房HPより)

新宿書房HP
http://www.shinjuku-shobo.co.jp/2003Top2.html
------------------------------------------------------------------
(C) Nihonbungeisha All Rights Reserved  無断転載禁止
http://www.nihonbungeisha.co.jp/

※当サイトに掲載されているイラスト・記事・写真の無断複写、転載、複製、上映等を禁止じます。
------------------------------------------------------------------
◎B級グルメ探求漫画誌『食漫』Vol,14(定価380円) 好評発売中!!
特集・連載コミックも充実グルメ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

横道まわりみち(第301回):のんびり鶴見線~(05)~

◎東京時間旅行『荷風!』Vol,24(定価880円税込)好評発売中!
★特集:東京の公園“今昔”探訪!
 川本三郎「東京公園の歩き方」 飛鳥山“今昔”東京公園の原点を探す ほか
------------------------------------------------------------------
◆電子書籍版【荷風! Vol,24】(定価700円税込)も好評発売中!◆
iTunes Store→App Store→電子書籍→荷風!Vol,24
※iPad&iPhone対応
------------------------------------------------------------------

横道まわりみち(第301回):のんびり鶴見線~(05)~

20100615hm

12:08 開業当時のまま。
昭和5年(1930)に開業した国道駅は空襲の際の銃弾跡がいまだに残っているなど、全く改築されていない、昭和初期をそのまんま残す駅として有名。高架下には飲み屋があり、どう見ても、そこで暮らす人がいる。
12:11 刺激が強すぎて。
薄暗い高架下で写真を撮っていると、その薄汚れた佇まいや、鈍い蛍光灯の灯りに、異様な興奮を覚える。ふだん全く意識していない内臓のどこかが呼応して、喜んでいるような。
12:13 カツカツカツカツ。
大きな靴音が高架下に反響する。真昼間だというのに「誰だ!」と思わず振り返りそうになる。
12:20 ホームへ来てみれば。
高架上のホームに出てくれば、空があり、普通のマンションが並ぶ、どこにでもある平成の町並みが広がる。
12:22 国道駅発。
12:24 弁天橋駅下車。
ホームには手書きで行き先が書かれている。そういえば、鶴見線のホームには、どこでもゴミ箱がある。
12:29 汐入公園を抜けて。
12:35 「リトル沖縄」(別名:横浜市沖縄区)。
仲通り商店街の沖縄県人会館1階には「おきなわ物産センター」があり、建物の前には、沖縄から文字通り抜け出してきたような、浅黒く日焼けした肌に深くしわの刻み込まれたおばあが、何をするでもなく腰掛けている。
12:38 住む人のためにある。
せっかくだからと、物産を見てみる。よくある土産物だけではなく、すぐに使うべき食材が多い。ミミガーや、豚足や、山羊の肉を、茹でたり冷凍したりしたものがごそっと大量にパックになって売られている。これは一体どこから、と思っていたら、レジ奥で女性が大量のミミガーを包丁で刻んでいるのが見えた。

(写真・文/堀径世)
------------------------------------------------------------------
◆電子書籍版【荷風! Vol,24】(定価700円税込)も好評発売中!◆
iTunes Store→App Store→電子書籍→荷風!Vol,24
※iPad&iPhone対応
------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------
本ブログの著者・堀径世さんが初エッセイを出版しました!
『女湯に浮かんでみれば。』
(堀ミチヨ・著/新宿書房刊・定価1785円/税込)
東京、女、風呂ナシ。だからこそ見えてくる、銭湯・女湯の世界。いま、こんなに濃密な空間がほかにあるだろうか? 「元気に生きていく」コツがわかる、女湯散歩紀行。 (新宿書房HPより)

新宿書房HP
http://www.shinjuku-shobo.co.jp/2003Top2.html
------------------------------------------------------------------
(C) Nihonbungeisha All Rights Reserved  無断転載禁止
http://www.nihonbungeisha.co.jp/

※当サイトに掲載されているイラスト・記事・写真の無断複写、転載、複製、上映等を禁止じます。
------------------------------------------------------------------
◎B級グルメ探求漫画誌『食漫』Vol,14(定価380円) 好評発売中!!
特集・連載コミックも充実グルメ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

横道まわりみち(第300回):のんびり鶴見線~(04)~

◎東京時間旅行『荷風!』Vol,24(定価880円税込)好評発売中!
★特集:東京の公園“今昔”探訪!
 川本三郎「東京公園の歩き方」 飛鳥山“今昔”東京公園の原点を探す ほか
------------------------------------------------------------------
◆電子書籍版【荷風! Vol,24】(定価700円税込)も好評発売中!◆
iTunes Store→App Store→電子書籍→荷風!Vol,24
※iPad&iPhone対応
------------------------------------------------------------------

横道まわりみち(第300回):のんびり鶴見線~(04)~

20100610hm

11:21 心地よい潮風に吹かれて、海芝浦駅。
停車中の電車内では、若い車掌さんたちが3人、座席に座っておしゃべりをしたり、立ち上がって伸びをしたり。同じ首都圏のJR線の混雑とスピードを思うと、仕事って場所により路線により、こんなにも違うものかと他人事ながら思う。
11:23 思案のしどころ。
海を臨むホームを離れがたく、1本くらい電車を逃してもいいかという誘惑にかられながらも時刻表を見てよかった。次の電車まで2時間もあるじゃあないか!
11:25 鶴見駅へ向かって、海芝浦駅発。
11:33 鶴見小野駅着。
行きの電車から見えた駅前のひなびた商店街に惹かれていたので、駅を下りることに。
11:36 国道駅へ向かって。
ひと駅分、鶴見に戻る形で住宅街を歩いていく。後で昼食のために寄ろうと思っている「リトル沖縄」に近いためか、すでに「琉球舞踊」の看板や、シーサーを飾る家がある。
11:48 鶴見川を渡っていると。
菜の花とスカイブルーの2色のラインを引いた、鶴見線が向こうを走っている。
12:06 国道駅に到着。
第一京浜(国道15号線)に面しているからこの名まえが付けられた。鶴見線の駅名というのは、会社名がそのまんまとか、安直というかわかりやすいというか。今みたいに公募でのらりくらりと名まえをつけたり、親が名まえ事典に首っ引きになれるもの、それだけワタクシタチが暇になったこともあるのだろう。国民が一丸となって脇目もふらずに向かっていた「富国」という目標もなくなったようだし。

(写真・文/堀径世)
------------------------------------------------------------------
◆電子書籍版【荷風! Vol,24】(定価700円税込)も好評発売中!◆
iTunes Store→App Store→電子書籍→荷風!Vol,24
※iPad&iPhone対応
------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------
本ブログの著者・堀径世さんが初エッセイを出版しました!
『女湯に浮かんでみれば。』
(堀ミチヨ・著/新宿書房刊・定価1785円/税込)
東京、女、風呂ナシ。だからこそ見えてくる、銭湯・女湯の世界。いま、こんなに濃密な空間がほかにあるだろうか? 「元気に生きていく」コツがわかる、女湯散歩紀行。 (新宿書房HPより)

新宿書房HP
http://www.shinjuku-shobo.co.jp/2003Top2.html
------------------------------------------------------------------
(C) Nihonbungeisha All Rights Reserved  無断転載禁止
http://www.nihonbungeisha.co.jp/

※当サイトに掲載されているイラスト・記事・写真の無断複写、転載、複製、上映等を禁止じます。
------------------------------------------------------------------
◎B級グルメ探求漫画誌『食漫』Vol,14(定価380円) 好評発売中!!
特集・連載コミックも充実グルメ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

横道まわりみち(第299回):のんびり鶴見線~(03)~

◎東京時間旅行『荷風!』Vol,24(定価880円税込)好評発売中!
★特集:東京の公園“今昔”探訪!
 川本三郎「東京公園の歩き方」 飛鳥山“今昔”東京公園の原点を探す ほか
------------------------------------------------------------------
◆電子書籍版【荷風! Vol,24】(定価700円税込)も好評発売中!◆
iTunes Store→App Store→電子書籍→荷風!Vol,24
※iPad&iPhone対応
------------------------------------------------------------------

横道まわりみち(第299回):のんびり鶴見線~(03)~

20100608hm

10:59 只今の釣物。
「アジ・夜アナゴ・白キス・フグ」
美味しそうな魚の名まえを連ねた店が、旭運河にかかる末広橋にある。食堂ではなく、釣り船を出しているらしい。こんなものが獲れるのか、この工場群のど真ん中で!
11:04 ぶらぶらと。
終点が扇町駅の「本線」と、これから乗る海芝浦駅の「海芝浦支線」が通っているということで、浅野駅には4本のホームがある。なのに待つのはわたしの他に、女性がひとりだけ。
11:07 浅野駅発。
電車は運河沿いを走っていく。
11:09 新芝浦駅発。
ここからは東芝京浜事業所内で、東芝の敷地内に新芝浦駅と海芝浦駅のふたつの駅があることになる。左には海を、右には工場を見ながら電車は進む。
11:11 ホームが海に浮かんでいる!
ここが終点・鉄道ファン垂涎の海芝浦駅。そうでなくとも無機質な四角い建物や、吐き出される煙や、ダンプばかりを見てきた身にとっては、ホームの向こうが海であり空であるというだけで、にんまりしてしまう。
11:12 出られない駅。
「これより先は東芝構内です。当社に御用のある方以外は入場をお断りします」
もちろんカメラなど向けたら、大変だ。
11:16 海芝公園へ。
駅に隣接した公園で、浅野駅からいっしょだった女性は一服している。煙草を吸うためだけにここへ来たようで、こんな電車の利用法もあるものかと感心させられる。この公園は「駅から出させない」東芝が10年ほど前に敷地内に造った公園で、東京湾を一望できるデートスポットらしいが、おちおち終電を逃したらどうなるのだろう。線路を歩くしか帰る道はないということか。

(写真・文/堀径世)
------------------------------------------------------------------
◆電子書籍版【荷風! Vol,24】(定価700円税込)も好評発売中!◆
iTunes Store→App Store→電子書籍→荷風!Vol,24
※iPad&iPhone対応
------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------
本ブログの著者・堀径世さんが初エッセイを出版しました!
『女湯に浮かんでみれば。』
(堀ミチヨ・著/新宿書房刊・定価1785円/税込)
東京、女、風呂ナシ。だからこそ見えてくる、銭湯・女湯の世界。いま、こんなに濃密な空間がほかにあるだろうか? 「元気に生きていく」コツがわかる、女湯散歩紀行。 (新宿書房HPより)

新宿書房HP
http://www.shinjuku-shobo.co.jp/2003Top2.html
------------------------------------------------------------------
(C) Nihonbungeisha All Rights Reserved  無断転載禁止
http://www.nihonbungeisha.co.jp/

※当サイトに掲載されているイラスト・記事・写真の無断複写、転載、複製、上映等を禁止じます。
------------------------------------------------------------------
◎B級グルメ探求漫画誌『食漫』Vol,14(定価380円) 6/10発売!!
特集・連載コミックも充実グルメ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

横道まわりみち(第298回):のんびり鶴見線~(02)~

◎東京時間旅行『荷風!』Vol,24(定価880円税込)好評発売中!
★特集:東京の公園“今昔”探訪!
 川本三郎「東京公園の歩き方」 飛鳥山“今昔”東京公園の原点を探す ほか
------------------------------------------------------------------
◆電子書籍版【荷風! Vol,24】(定価700円税込)も好評発売中!◆
iTunes Store→App Store→電子書籍→荷風!Vol,24
※iPad&iPhone対応
------------------------------------------------------------------

横道まわりみち(第298回):のんびり鶴見線~(02)~

20100603hm

10:33 浜川崎駅着。
この辺りまで来ると車窓から見える風景には工場しかなく、人間という登場人物はほとんど消え去り、車内にも誰もいない。
10:34 灰色の世界。
「ローカル線」といえばのんびり・ゆったり・ほのぼのと形容されるわけだけれど、この鶴見線。首都圏内で平日の午前中にこれだけ空いているのは確かに「ローカル線」の名にふさわしいが、周囲に広がるのは、人間たちが豊かになるためにせっせと造り上げてきた巨大な建造物ばかり。心安らぐ境地にはなかなか及ばず。
10:35 昭和駅着。
「昭和電工」から名まえを取ったというこの駅。木製の、白いペンキのはげたベンチに、三角巾をした、昭和なおばさんが腰掛けている。
10:37 終点扇町駅到着。
降り立ったのはほんの数人ばかり。この時間だと、工場で働く人というより、工場に用のある他社の人かもしれない。ホームのすぐ脇、生垣をはさんでオレンジ色のクレーン車がにぎやかに数台並んでいる。これが、工業地帯でのお出迎えということか。
10:39 迷ったけれど。
この無人駅で降りてみようかとも思うが、周囲の風景に圧倒されてしまい、すごすご引き返すことに。
10:40 扇町駅発鶴見行き。
10:43 南渡田運河を渡る。
空には黒煙がもうもうとたちこめている。
10:49 浅野駅着。
安善駅が安田財閥なら、こちらは浅野財閥にちなんで名づけられた。鉄道ファンが必ずうろうろしているという海芝浦駅へ向かうためには、ここで乗り換え。次の電車が来るまで20分程あるので、とりあえず駅を出てみることに。
10:53 ひっきりなしに。
花と緑の多い、黒ねこの住む小さな浅野駅の前を、大型ダンプやトラックが通る。ここでは、人間はみんな、車に乗っている。

(写真・文/堀径世)
------------------------------------------------------------------
◆電子書籍版【荷風! Vol,24】(定価700円税込)も好評発売中!◆
iTunes Store→App Store→電子書籍→荷風!Vol,24
※iPad&iPhone対応
------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------
本ブログの著者・堀径世さんが初エッセイを出版しました!
『女湯に浮かんでみれば。』
(堀ミチヨ・著/新宿書房刊・定価1785円/税込)
東京、女、風呂ナシ。だからこそ見えてくる、銭湯・女湯の世界。いま、こんなに濃密な空間がほかにあるだろうか? 「元気に生きていく」コツがわかる、女湯散歩紀行。 (新宿書房HPより)

新宿書房HP
http://www.shinjuku-shobo.co.jp/2003Top2.html
------------------------------------------------------------------
(C) Nihonbungeisha All Rights Reserved  無断転載禁止
http://www.nihonbungeisha.co.jp/

※当サイトに掲載されているイラスト・記事・写真の無断複写、転載、複製、上映等を禁止じます。
------------------------------------------------------------------
◎B級グルメ探求漫画誌『食漫』Vol,14(定価380円) 6/10発売!!
特集・連載コミックも充実グルメ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

横道まわりみち(第297回):のんびり鶴見線~(01)~

◎東京時間旅行『荷風!』Vol,24(定価880円税込)好評発売中!
★特集:東京の公園“今昔”探訪!
 川本三郎「東京公園の歩き方」 飛鳥山“今昔”東京公園の原点を探す ほか
------------------------------------------------------------------
◆電子書籍版【荷風! Vol,24】(定価700円税込)も好評発売中!◆
iTunes Store→App Store→電子書籍→荷風!Vol,24
※iPad&iPhone対応
------------------------------------------------------------------

横道まわりみち(第297回):のんびり鶴見線~(01)~

20100601hm

9:56 京浜東北線品川駅発。
10:14 鶴見駅着。
10:15 「見てみよう!知ってみよう!乗ってみよう! 鶴見線 時刻表片手に産業遺産探訪の旅」
(駅構内のポスターより)
鶴見線は大正15年(1926)に貨物輸送を目的に開業した京浜工業地帯を走る電車で、現在も乗客の大部分は工場関係者という。
10:17 ピーク時はとうに過ぎて。
アーチ型になったホームで電車を待つ人の姿もまばら。平日は朝6~8時台、夕方17~18時台をピークにそれ以外の時間帯は1時間に0~5本で、土日ともなれば、さらに本数は少ない。ちなみに、始点の鶴見駅以外は昭和46年(1971)以降、全駅が無人駅となっている。
10:19 3両編成の「扇町行き」が到着。
全長9,7kmと短い路線ながら、3つ終点があるのが不思議なところ。一番距離としては遠い(といっても20分弱だが)扇町まで行くことにする。
10:20 鶴見駅を出発。
10:22 鶴見川を渡って。
10:25 鶴見小野駅を過ぎれば、だんだんと工場群が広がっていく。
10:29 安善駅着。
鶴見線の前身であった鶴見臨港鉄道を支援していた安田財閥の創業者であり、オノ・ヨーコのひいおじいちゃんである安田善次郎にちなんで名づけられた。
10:30 民家と貨物列車。
「日本石油輸送株式会社 ガソリン専用」と書かれた真っ黒なタンクがいくつも連なっている。その向こうには、民家のベランダで洗濯物が風に揺れている。このタンクのひとつでも爆発したら、あの白いシャツは黒くなるのか、いやそんなの見届ける前に、この車両など木っ端微塵か。
10:31 地図を見れば。
安善駅と次の武蔵白石駅の間には、米海軍油槽所があり、後で知ることには、あの黒いタンクはやはり米軍のためのものらしい。

(写真・文/堀径世)
------------------------------------------------------------------
◆電子書籍版【荷風! Vol,24】(定価700円税込)も好評発売中!◆
iTunes Store→App Store→電子書籍→荷風!Vol,24
※iPad&iPhone対応
------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------
本ブログの著者・堀径世さんが初エッセイを出版しました!
『女湯に浮かんでみれば。』
(堀ミチヨ・著/新宿書房刊・定価1785円/税込)
東京、女、風呂ナシ。だからこそ見えてくる、銭湯・女湯の世界。いま、こんなに濃密な空間がほかにあるだろうか? 「元気に生きていく」コツがわかる、女湯散歩紀行。 (新宿書房HPより)

新宿書房HP
http://www.shinjuku-shobo.co.jp/2003Top2.html
------------------------------------------------------------------
(C) Nihonbungeisha All Rights Reserved  無断転載禁止
http://www.nihonbungeisha.co.jp/

※当サイトに掲載されているイラスト・記事・写真の無断複写、転載、複製、上映等を禁止じます。
------------------------------------------------------------------
◎B級グルメ探求漫画誌『食漫』Vol,14(定価380円) 6/10発売!!
特集・連載コミックも充実グルメ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

横道まわりみち(第296回):佐原の旅路~(08)~

◎東京時間旅行『荷風!』Vol,24(定価880円税込)好評発売中!
★特集:東京の公園“今昔”探訪!
 川本三郎「東京公園の歩き方」 飛鳥山“今昔”東京公園の原点を探す ほか
------------------------------------------------------------------

横道まわりみち(第296回):佐原の旅路~(08)~

20100527hm

16:10 ここは第2の川越か。
明治時代に建てられた町屋を活かした「カフェしえと」に入る。落ち着いた店内を陣取るのはやはり、珈琲とスイーツとおしゃべりと小江戸が好きな50~60代の女性グループ。
16:56 金平浴場へ。
馬場本店酒造と東薫酒造の間の路地にある小ぶりな銭湯に入る。気さくな女将さんによると、100年くらいはやっているそうだ。浴室の壁には堂々たる富士山のペンキ絵。ここに来ても富士山?と一瞬いぶかしく思ったものの、そうそうここは江戸まさりの地。江戸っ子の富士山好きがここまで来ていてもおかしくないし、実際にも、冬晴れの日は富士山が眺められるとのこと。伊能忠敬は富士山を正確に計測していたといい、測量の目安にしていた。
17:13 熱い!
「ほら、こっち入んなさいよ、こっちの方がまだぬるいから」
言われて入るぬるい方だって、肌に噛み付くような熱さ。江戸っ子の熱湯(あつゆ)好きの伝統がここにも活きていたとは。
17:49 湯上りに風が心地よく。
残念ながら日がまだ高くて川沿いに灯りがともっていないけれど、夜の景色はまた一段と風情があるだろう。明治の頃からやっているという宿に泊まって、朝に夕にこの景色を眺められたら、と去りがたい気持ちで駅へ向かう。
18:05 佐原駅北口で。
東京駅へ向かう京成バスを待っていたら、到着したのは銚子からのバス。そうか。銚子で半日過ごしてから佐原で一泊して、翌日観光して帰る。あまり人には教えたくない、素敵な旅のプランが見つかった。
18:08 東京駅八重洲口行きのバスに乗り込む。
19:43 定刻より少し遅れて到着する。
電車、自転車、船、バスとあらゆる乗り物を体験した1日でありました。

※「佐原の旅路」編は今週で終了します。次回からは「JR鶴見線」です。お楽しみに。
(写真・文/堀径世)

------------------------------------------------------------------
本ブログの著者・堀径世さんが初エッセイを出版しました!
『女湯に浮かんでみれば。』
(堀ミチヨ・著/新宿書房刊・定価1785円/税込)
東京、女、風呂ナシ。だからこそ見えてくる、銭湯・女湯の世界。いま、こんなに濃密な空間がほかにあるだろうか? 「元気に生きていく」コツがわかる、女湯散歩紀行。 (新宿書房HPより)

新宿書房HP
http://www.shinjuku-shobo.co.jp/2003Top2.html
------------------------------------------------------------------
(C) Nihonbungeisha All Rights Reserved  無断転載禁止
http://www.nihonbungeisha.co.jp/

※当サイトに掲載されているイラスト・記事・写真の無断複写、転載、複製、上映等を禁止じます。
------------------------------------------------------------------
◎B級グルメ探求漫画誌『食漫』Vol,13(定価380円) 好評発売中!!
特集・連載コミックも充実グルメ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

横道まわりみち(第295回):佐原の旅路~(07)~

◎東京時間旅行『荷風!』Vol,24(定価880円税込)好評発売中!
★特集:東京の公園“今昔”探訪!
 川本三郎「東京公園の歩き方」 飛鳥山“今昔”東京公園の原点を探す ほか
------------------------------------------------------------------

横道まわりみち(第295回):佐原の旅路~(07)~

20100525hm

15:40 自転車を返却に。
レンタサイクルは16:30まで。ぎりぎりになって慌てないようにと早めに返しに行く。そのときに、受付のお姉さんに気になっていることを聞いてみることにした。船の番号のような地名のことだ。
「あの佐原イとかって、カタカナが後についていますけど、あれは?」
ちなみにこの駅前観光案内所は佐原イ81-31となっている。
「あれですか。イロハになってるんです。123じゃなくて。そんなに数はないと思いますけどね」
なるほど。知ってしまえば非常に単純なんだけど、ヨソ者にとっては何かの暗号のようで面白い。
15:47 歩くのはまた楽しいものだ。
小野川へ戻るように歩いていくと、とうの昔に店を閉めたまま手付かずになったスナックや料理屋が点在する路地に入り込む。
「佐原は宿場町のようなところでしたから、居酒屋、旅館、それから遊廓もあって大変にぎわっておりました。今はちょっと、寂しくなっておりますが」
そう言っていた東薫酒造のオジサンを思い出す。
16:01 地元の人はどこに。
江戸時代に船運と醸造業で栄えた佐原にJR成田線の駅ができたのが明治31年(1898)。当時、駅ができることは、その地がすでに栄えていることの証しであっただろうに、皮肉なことに、船から鉄道へと輸送の手段が切り替わっていくことで、佐原は少しずつ衰退へ向かっていった。
半日ほど過ごして気づくのは、歩く人の姿がほとんどないことだ。完全な車社会。それも仕方ない。成田線も成田を過ぎればここまで1時間に1本程度しか電車はなく、生活する人びとの足にはならない。ちょろちょろ歩いているのは観光客だけで、その脇を、この町で歩くことなど疾うになくなった地元の人たちの運転する車がびゅんびゅん走り抜けていく。「歩く人の視点」など、この町はすっかり失ってしまったように見える。

(写真・文/堀径世)

------------------------------------------------------------------
本ブログの著者・堀径世さんが初エッセイを出版しました!
『女湯に浮かんでみれば。』
(堀ミチヨ・著/新宿書房刊・定価1785円/税込)
東京、女、風呂ナシ。だからこそ見えてくる、銭湯・女湯の世界。いま、こんなに濃密な空間がほかにあるだろうか? 「元気に生きていく」コツがわかる、女湯散歩紀行。 (新宿書房HPより)

新宿書房HP
http://www.shinjuku-shobo.co.jp/2003Top2.html
------------------------------------------------------------------
(C) Nihonbungeisha All Rights Reserved  無断転載禁止
http://www.nihonbungeisha.co.jp/

※当サイトに掲載されているイラスト・記事・写真の無断複写、転載、複製、上映等を禁止じます。
------------------------------------------------------------------
◎B級グルメ探求漫画誌『食漫』Vol,13(定価380円) 好評発売中!!
特集・連載コミックも充実グルメ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

横道まわりみち(第294回):佐原の旅路~(06)~

◎東京時間旅行『荷風!』Vol,24(定価880円税込)好評発売中!
★特集:東京の公園“今昔”探訪!
 川本三郎「東京公園の歩き方」 飛鳥山“今昔”東京公園の原点を探す ほか
------------------------------------------------------------------

横道まわりみち(第294回):佐原の旅路~(06)~

20100520hm

14:01 東薫酒造見学。
「私ども、伊能家より酒造りの技術を伝授いたしまして、約180年酒造りをいたしております」
「ええ、いいお酒の条件といいますと、やはりまずはお水です。そしてお米。それから蔵人の腕ですね、技術です」
ここに来て、香取神宮の豊かな森を思い出す。
14:03 江戸-佐原-銚子言語文化圏(?)
「北海道や東北から海を渡ってきた荷物を銚子で下ろして、川の船に載せかえて、佐原を通って、江戸まで運んでいたわけです」
話を聞いていると、この元気なオジサンも「ひ」が「し」になっている。そういえば銚子の人たちも「ひ」が言えてなかったよなあ。
14:12 「どうぞ、試飲していってくださいね」
待っていましたこの時間。まずは一杯どぶろくをいただく。さっぱりとした甘みがあって、これは大変。ぐびぐびいってしまいそう。ほかには、純米酒で口を湿らせてみたり。
14:27 ほろっと。
先ほどお船に乗った小野川沿いを、今度は自転車で走っていくことに。
14:35 気分は上々、気持ちは高揚。
風になって川沿いを進むのはかなり気持ちがよい。途中、船着場の階段を下りて、川のそばに寄ってみる。川といえば「寄らず」「触らず」の護岸工事で忌み嫌うべきもののように扱われているけれど、ここでは川との蜜月を過ごせる。こんなところで育っていたら、わたしももう少し、性格が良かったかもしれないなあ。
14:53 小野川水門に到着。
水門の向こう、利根川が悠々と広がっている。

(写真・文/堀径世)

------------------------------------------------------------------
本ブログの著者・堀径世さんが初エッセイを出版しました!
『女湯に浮かんでみれば。』
(堀ミチヨ・著/新宿書房刊・定価1785円/税込)
東京、女、風呂ナシ。だからこそ見えてくる、銭湯・女湯の世界。いま、こんなに濃密な空間がほかにあるだろうか? 「元気に生きていく」コツがわかる、女湯散歩紀行。 (新宿書房HPより)

新宿書房HP
http://www.shinjuku-shobo.co.jp/2003Top2.html
------------------------------------------------------------------
(C) Nihonbungeisha All Rights Reserved  無断転載禁止
http://www.nihonbungeisha.co.jp/

※当サイトに掲載されているイラスト・記事・写真の無断複写、転載、複製、上映等を禁止じます。
------------------------------------------------------------------
◎B級グルメ探求漫画誌『食漫』Vol,13(定価380円) 好評発売中!!
特集・連載コミックも充実グルメ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧